投資セミナーで投資についての知識が学べる|投資成功への鍵

メンズ

取引開始前の準備

ATM

手続きに必要なもの

資産運用が一般的になった現在、たくさんの金融商品があります。その中でも、手軽に始められるのがFXです。FXとは、外貨を売買することで為替差益を得ることや、金利を目的にした商品です。口座開設の申込は、インターネットで行います。手続きのために用意しておくものは、免許証などの本人確認資料のコピーです。また、2016年1月からは、新たに口座開設をする時にマイナンバーを通知する必要があります。書類を郵送し、審査に通れば3〜5営業日ほどで口座開設が完了します。その後、運用資金を入金して、取引を始めることになります。入金する際、通常の銀行振込の他に、業者によっては即時入金できるサービスがあります。即時入金は、その業者が提携している銀行の預金口座から振込することで可能です。手数料無料のところがありますので、事前に提携銀行を調べて預金の口座開設をしておくと良いです。

業者の比較

日本には、たくさんのFX業者があります。初めての方は、どこで取引をしたら良いか迷うかもしれません。ここで業者を選択する時に、いくつかのポイントがあります。FXには、スプレッドという手数料があります。これは、FX業者や取引通貨によって異なります。例えば、米ドル円で取引する場合、1ドルにつき1銭といったようにコストがかかります。銀行の外貨預金に比べれば安いですが、大きい資金で取引する時にはコストも高くなります。そのため、なるべくスプレッドが安い業者を選択しましょう。また、テクニカル分析を使って取引したい場合は、使いやすいツールを提供してくれる業者を探しましょう。例えば、世界的に有名なMT4というソフトがあります。このMT4は、分析ツールが多く、動作も軽いので大変便利です。MT4で取引できる業者もあるので、是非活用しましょう。